アウトドア家具を買うときに気をつけるべきこと <1>

素晴らしい夏を思いっきり楽しみたいと思ったとき、よりよいアウトドア家具があるのとないのでは大違いです。そんな大事な家具、勢いで選んでしまうと失敗も多くなります。材料や気候など、考慮すべき点はいろいろあるのです。アウトドア家具を購入するときに間違いを避けるべく、以下の6つのことに注意してください!そうすればお気に入りの家具に出会って、次のシーズンにはゆったりと時を過ごすことができるはずです。

1.必ず測ること!

家具を探すとき、あなたがお店に出向くのかオンラインショップで探すのかわかりませんが、絶対に忘れてはいけないのが置きたい場所のスペースを測っておくことです。庭やポーチ、持ち運ぶなら車の荷台をちゃんと見たと思うかもしれませんが、場所が変わればイメージも変わるもの、正確な寸法に勝るものはありません。またはマスキングテープなどで家具を置いたイメージにマークすると、ドアを開くスペースを取ったうえでどれくらいのサイズのアウトドア家具を選べるか予測することもできます。自然に動くことを想像しながらスペースを測り、そこからテーブルやイスなど個々のサイズを考えてみましょう。

2.素材と品質の選択

流行のデザインは欲しくなりますが、品質や構造、材料のチェックをしなければお金の無駄遣いになる可能性があります。屋内で使う家具も同じなのですが、雨風にさらされる屋外の家具には、より注意を払うべきです。長くハードに襲い掛かる湿度にはどれくらい耐えるのか、太陽の下に置いたときに変色しないかなど、自分なりに調べるほか、アウトドア家具の専門ショップの店員にも尋ねましょう。防水防錆コーティングがされていたとしても、元の素材によっては劣化しやすいこともあります。一度で買おうとせず、メモを取って検討することも必要です。

3.居住地の気候も考慮する

例えば湿気の多い場所、例えば乾燥が激しい場所、例えば雪に埋もれる場所―アウトドア家具をどこにセットするか、どんな場所で使うかによっても素材の選び方は変わってきます。年間通じて風通しが良かったとしても、そこが海のそばだと山の中よりも家具への影響は大きくなるでしょう。素敵な海辺の生活ではありますが、塩気の多い空気はある種の金属を早く劣化させます。暑さが厳しい場所だと、むき出しの金属が熱せられて座ったり触れたりしたときにダメージを受ける可能性も大きくなります。地域の気候の特性は無視してはいけません。

アウトドア家具を買うときに気をつけるべきこと <2>

4.すわり心地のチェック

ゆったりと快適な時間を過ごすためのアウトドア家具ですから、居心地が良いものを選ぶのは当たり前のことですよね。そのためには感触を確かめてみる必要があります。価格だけ見て掘り出し物だからと、早急に手を出すのは間違いのもとです。心地良さそうなスプリングに見えても、実際に座ってみたらゴツゴツ当たる部分があるかもしれない。背もたれに体を預けたら、肩甲骨に刺さる何かがあるかもしれない。家具の購入は、自分の体でテストするのが何よりです。オンラインで買い物をするときにはせめて、いくつかのサイトをめぐって十分にレビューを読み込んで情報を得て参考にしましょう。

5.ケア用品を疎かにしない

良いアウトドア家具は、決して安いものではありません。毎年新しいものを買うなんてことはあまりしませんよね。そのシーズンはもちろん、次のシーズンも心地よく使うために、家具を保護するものにも投資をしましょう。冬の間しまっておく前に、コーティングを塗りなおすためのキットもあると長持ちします。雨や雪、ほこりから守るためのカバー、家具に合わせて使うクッションなどがカビたり汚れたりしないように入れておくコンテナなど、保管用のグッズもきちんとそろえるべきです。

6.使い途をイメージしておく

家具を使うのがあなたひとりではないのなら、みんなが楽しめるようなセッティングをしなければなりません。どんな過ごし方をするのか、どんな人数で時間を過ごすことが多いのか、それに応じて買い物をしましょう。みんなが座るに足りる数のイス。ランチやディナーなど食事を楽しむ機会が多いなら、カップやグラスを収納できるサイドテーブルの用意。子供たちが心地よいリクライニングチェアを取り合うことがありそうなら、2脚手に入れて穏やかな時間を保証してあげましょう。

ポーチやテラスにアウトドア家具をセットするのなら、屋外用のラグや観葉植物もあるとよりよい雰囲気になります。こういった部分は家のインテリアの延長と考えられますので、時には流行も取り入れながら買い物をして、使い勝手とデザインの両方を楽しみましょう

冬のアウトドアを全力で楽しむためのパワーフードとは!

アウトドアの楽しみは夏だけではありませんよね。冬には冬の素晴らしさがあり、それを堪能したくなるでしょう!しかしどうしても乗り越えなくてはならないものが冬にはあります。それは寒さ。寒さに精神を削られることなく、存分にアウトドアを楽しむには体を暖かく保つ必要があります。防寒具も大事ですが、人の体が発する熱もとても重要です。食べ物を食べて消化をするとき、体は熱を発します。できるだけ長く多く熱を利用するために、エネルギーの高い食べ物を食べることが重要になってきます!摂取したカロリーを最大限に活用するために、どんなフードがアウトドアに適しているのでしょうか?

 

<ペミカン>

あなたは「ペミカン」をご存知でしょうか。これはネイティブアメリカンが考え出した伝統的な、昔からある保存食です。レシピはいろいろありますが、基本的には肉と、野菜や果物・木の実と、脂肪を加えて固めたものです。熱を通してある、あるいは乾燥させた肉と野菜類を合わせ、バターや牛脂などの脂で固めます。火が通っていて脂を使っているので、もちろんカロリーは高めですし、長期間保存が可能なので、家で作って現地へ持っていくことができます。食材や調味料などを含めて好みの食材をまとめることができるので、荷物が少なくなるのも良いところ。お湯をわかしてペミカンをのばせばスープになりますし、カレールーを入れれば簡単にカレーができます。

 

<イワシ>

単純にエネルギーを摂れれば良いのであれば、イワシの缶詰がオススメです。脂肪分は高く、たんぱく質も含まれている高栄養フードです。缶詰は密閉されているので移動中に漏れ出ることもなく安心です。高カロリー摂取が目的なので、水煮缶ではなくオイル漬けになっているものがより多くの脂肪を摂取することができるのでベター。オイルサーディン缶にチーズやレモンを乗せて火にかければ、あとはパンがあるだけで十分贅沢な食事といえるでしょう。

 

<ホットチョコレート>

ほっと一息つきたいときには、甘いドリンクが欲しくなりますよね。ミルクとチョコレートという2つのシンプルな材料でできるホットチョコレートは、冬の野外にぴったり!この場合の牛乳は低脂肪や無脂肪ではなく、脂肪分がちゃんと入っている牛乳を選びましょう。牛乳に含まれるたんぱく質と脂肪、チョコレートに含まれる糖分と抗酸化物。健康上のメリットもバッチリです。美味しくて体に良くてエネルギー補給もできる、非常に優秀なホットチョコレートは作り方も簡単。牛乳を火にかけて温め、チョコレートを溶かせばできあがりです。

キャンプにもって行けばいい食材ってどんなの?

日々の生活から解放されてリフレッシュできるアウトドアの時間は最高!日が高いうちは景色を、夜にはキャンプファイヤーを楽しみ、ターフやテント、または木の天蓋の下で、穏やかな時間を過ごす。そしてとても重要なのが、おいしい心のこもった食事を楽しむことです。

“キャンプにもって行けばいい食材ってどんなの?” の続きを読む

アウトドア好きに渡したい冬のプレゼント5選

寒い時期は、アウトドアを楽しむのが大好きな人たちにとってつまらない季節になっているかもしれません。あなたの身近にそんな人がいるのなら、冬でもアウトドアを楽しめるようなグッズをプレゼントしてみませんか?屋内で使えたり、年中使えるものなら、きっとさらに喜ばれるでしょう!  “アウトドア好きに渡したい冬のプレゼント5選” の続きを読む

ピクニックテーブルに最適なパラソルの選び方

楽しいアウトドアの時間、友達や家族を太陽の強い日差しから守り、午後のまぶしさから目を保護し、なによりも暑い夏の暑さから逃れるためには、寛いでいるピクニックテーブルにはパラソルをつけることをお勧めします。どんなものを選んだらいいのか、以下を参考にあなたのテーブルに合うパラソルを見つけてください。 
“ピクニックテーブルに最適なパラソルの選び方” の続きを読む